MENU

ポケットwifiの同時接続台数が多いと便利

ポケットwifiには、wifiルーターとモバイル通信機器の二つの顔があります。
通信事業者の基地局とデータ通信が可能であり、一方でwifi接続でローカルな通信環境を構築できます。

 

このポケットwifiの製品を選ぶ上で注目したい能力の一つが、同時接続可能なwifi機器の台数です。
wifiルーターには、通信接続ができる機器の数に限界があります。
wifi接続する台数が限界に達すると、それ以上は接続ができないため注意が必要です。

 

個人や家族の利用であれば、同時接続可能な台数の範囲内で利用できます
しかし友人が多く集まったりあるいはビジネス用途であると、同時接続可能な台数の影響は大きくなります。

 

一度に多人数で同時にポケットwifiを利用する必要がある場合には、スペックデータを確認し、同時接続台数の多いポケットwifiを選ぶ必要があります。
またポケットwifiで通信できる最高速度は、基地局との通信速度が限界です。

 

そのためポケットwifiに接続する台数が増えるほど、一台当たりに割り当てられる通信速度は減少します。
またポケットwifiへの同時接続台数が増えるほど、データ処理の負荷や電波発信で電力も消耗するため、バッテリー残量の管理は正確に行う必要があります。

 

バッテリーの消耗が激しくなり電力残量が心配であるなら、事前にACアダプターやあるいは予備バッテリーを用意するなど準備も行うのが無難です。
このように一台のポケットwifiに対して同時接続による負荷を減らすには、スケジュールを組み同時に接続する台数を制限し計画的に通信を行うか、あるいはポケットwifiの台数を増やすという根本的な解決の手段もあります。